ロゴ

運転適性検査とは?免許取得のために大切な検査

HOME>レビュー>運転適性検査が受けられる!どういう検査か知ろう

運転適性検査が受けられる!どういう検査か知ろう

女性

運転したことがまったくない人は、車を運転している最中にはどんな出来事が起こるのか分かりません。運転適性検査では運転に適性があるのか、心理テストも交えながら審査していくので安心して講習を受けることができます。

レビュー

視力や聴力以外にも検査があるんですね【20代|男性】

自動車の運転には基本的な運転技術や適正な視力や聴力、交通ルールの理解だけが必要だと考えていました。教習所に行って初めて運転適性検査に視力や聴力以外のことが含まれていることを知りました。20代の自分より若い人から高齢者まで運転しているため誰もが運転に適していると勘違いしていましたが、確かに人によって行動パターンや考え方、性格が違うため、運転に反映されることがありそうだと感じました。実際に運転の際に性格が変わるという人もいると聞いたことがあるので妙に運転適性検査の存在に納得しました。教習所で自分の行動や性格を分析できるような検査をするのは面白く、自分の内面やこれから免許を取得して運転の際に気を付けるべき点などを知ることができました。

運転するとき眼鏡かける人は忘れずに!【20代|女性】

普段は眼鏡をかけていなくても、運転する時だけ眼鏡をかける人は意外に多くいます。運転適性検査時には忘れずに眼鏡を持っていきましょう。普段から眼鏡をかけて生活している人やコンタクトレンズを使用している人は問題ないはずです。自分は目がすごく良いということではないですが普段は使用しなくても生活に大きな支障がないですし、眼鏡は地味に見えるので必要最低限以外は使いません。そのため、運転適性検査での視力検査の際にはつい忘れそうになり、行く途中で気付いたため事なきを得ました。忘れると基準に達していないということで不合格になりますし、再検査の必要があるのでかなり手間がかかります。実際に運転する時に眼鏡を忘れて事故を引き起こしてしまっては大変なので運転適性検査の時だけでなく、普段から持ち歩くように気を付けるようにしています。

広告募集中