ロゴ

運転適性検査の結果内容に注意して運転を楽しもう!

HOME>イチオシ情報>運転適性検査で自分の性格がわかる!運転に役立つ検査

運転適性検査で自分の性格がわかる!運転に役立つ検査

教習所

警察庁方式K型で運転行動をチェック

運転適性の検査には警察庁方式K型とOD式安全テストの2種類があります。警察庁方式K型には7つの検査があり、検査の1〜6については運転行動をチェックする内容となっていて、だいたい2、3分で終わるようなテストです。検査の7は、あなたの性格を見極めるような内容のテストとなっています。焦らずに落ち着いてテストに臨んでみましょう。

ウーマン

OD式安全テストを受けよう

教習所では運転適性検査としてOD式安全テストが行われています。OD式安全テストはその内容の信頼性が高く評価されているテストで、運動機能、健康度・成熟度、性格特性、運転マナーの4つの観点から、その人の運転に対する適正を評価するものです。テストは4つの運転タイプに分類し、88の性格パターンから教習生それぞれに合った教習指導を見出します。

皆に聞いた!運転免許を取得して良かったと思う瞬間・ベスト3

免許証
no.1

緊急時に自分で運転して移動できる!

家族が病気になった際に、救急車を呼ばずに自分で運転して病院へ家族を連れていくことができるのは大きなメリットです。
また体調の悪い家族を病院まで送迎することができ、病気の家族の移動に関する負担を最小限に抑えることもできます。緊急時は焦ってしまうものですが、運転適性検査の結果から焦りやすい傾向があると判断された場合は、より落ち着いて運転するように心がけましょう。

no.2

旅行に行ける!

電車やバス、飛行機などの旅行も素敵ですが、自家用車で行く旅行にはそこにしかない楽しみがあります。
移動中も周りの目を気にせずプライベートな空間のまま旅行を楽しめます。長旅の際には運転適性検査の結果から得た自分の性格的な面で気をつけなければいけないことなどが参考になります。

no.3

ドライブデートができる!

自分が運転して、車内は彼女と二人きり。運転免許があれば、そんなドライブデートも実現できます。楽しいドライブデートにするためにも運転適性検査を受けて自分の性格の傾向を知っておくことは重要です。

広告募集中